不動産物件をを購入する際のさまざまな費用

不動産物件をを購入する際、物件の価格と消費税以外にもいろいろな費用が発生します。一般的には、物件価格の約10%程度の諸費用がかかると言われていますが、多くのお客様はは不動産会社の営業マンに言うなりの諸費用を支払っているのが現実では無いでしょうか。それぞれの費用を注意深く知ることで、不要な出費は抑えるようにしましょう。

一般的な諸費用の解説

1.登記費用(所有権移転、保存、設定登記費用(登録免許税含む)
2.表示登記費用(表題登記費用)
3.公租公課清算金(固定資産税や都市計画税の精算金)
4.売買契約書に貼付する為の収入印紙
5.仲介手数料(不動産会社へ支払う報酬)
6.ローン取扱い事務手数料(不動産会社へ支払うローン手数料)
7.保証料(住宅ローン取扱金融機関指定の保証会社に支払う費用)
8.火災保険料(購入した住宅にかける火災保険)
9.ローン事務手数料(金融機関に支払う事務手数料)
10.収入印紙代(金消契約の書類に貼付する収入印紙)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。