賃貸仲介の際の不動産会社の副収入AD(広告)とは

賃貸仲介の際の不動産会社の副収入AD(広告)とは

ADとは賃貸物件の成約時に、建物の管理会社や家主から、不動産会社に支払われる報酬や広告料のことです。

不動産会社はお部屋を借りるお客さんから仲介手数料1か月分、その他にも管理会社や家主から1か月分もらえるのです。だからこそ、物件によってはお客さんから仲介手数料をもらわないで、物件を紹介することもあります。管理会社や家主から報酬がもらえるのですから。

このADは物件によって有ったり、無かったりします。不動産会社によっては、やたら特定の物件を勧めてくることがありませんか?
それはADが有る物件だからです。その物件を決めれば、家賃の2か月分~3か月分の売上が営業マンにつくからです。

不動産会社が嫌がる仲介手数料問題

不動産会社は他の不動産会社のお客を平然と奪う行為にでます。一番手っ取り早いのは、仲介手数料の値引きです。仲介手数料は上限が1か月分と決まっていても、下限は決まっていない為、半額から無料にすることができます。

申し込みをしてるお客さんから、仲介手数料が1か月かかるならキャンセルして他の不動産会社に行くという連絡があったならば、その不動産会社の営業マンは絶望と怒りをおぼえることでしょう。

なぜならば、案内や物件紹介といった手間をしてるのに、他の不動産会社は案内や手間をかけていないのに、仲介手数料を値下げして、お客を奪うという行為に出ているからです。

悪徳不動産業者の特徴

・特定の物件ばかりすすめてくる(AD物件をすすめてきてる可能性高し)

・図面の物件の条件と、ネット掲載されてる条件が違う(礼金や家賃が上乗せされてる可能性高し)

・担当の営業マンがフランクすぎる(いざ、賃貸トラブルが起きた時に責任を持たずに逃げる可能性高し)

・店内の営業マンの雰囲気がちゃらい、賃貸専門の会社(こういう会社に限って、AD物件で売り上げをたてている)

・宅建主任士がいない(社内に宅建主任士が居ない、担当者が宅建主任士の資格をもっていないと、敷金の件や契約時に色々と質問をしても適当な返事で終わる・・・)

・お店に行ったら、別の物件を紹介された(オトリ物件で客をつって来店させて、AD物件を紹介してくる)

賃貸物件の効率がよい探し方

家にパソコンがある方は、SUUMO等のサイトで賃貸物件を探しましょう。できれば1月からの3月の繁忙時期以外の時期で探した方がゆっくり探せます。気になった物件があれば、物件名をリストにまとめておきましょう。

物件名が記載されていない場合には・・・・平米数と住所をググれば、物件名がヒットできますよ!

ADの他にもBやBack、広告料、業務委託料といった表記が図面にされていることもあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。