仲介手数料無料は本当にお得??【思わぬ落とし穴】

仲介手数料無料は本当にお得??【思わぬ落とし穴】

「仲介手数料無料」は一見お得だが、、、

最近「仲介手数料無料会社」を掲げる不動産会社がにわかに増えてきました。当社も仲介手数料は適正価格に割り引いているのですが、無料には驚きです。もちろんすべてではありませんが、手数料無料を掲げる業者の中には不誠実な会社も含まれています。事前によく注意して、その他の費用詳細を良く確認した上で、「使うか使わないか?」 を決めるべきです。

仲介手数料無料の会社はどうやって会社を維持している??

買い手側から単純に見れば、非常に魅力的では有るように思えますが、普通に考えればわかると思いますが、普通の不動産仲介業者の主たる報酬利益(会社の収入)は「仲介手数料」です。正直、これがゼロであれば会社の維持存続は不可能ですね。

ではどうやって【仲介手数料無料を唄ってる業者】は、社員に給与払って必要経費使って維持存続しているのでしょうか?

答えは、一般消費者からは見えないところに利益が乗っかってる場合が多いので、存続が出来るのです。

 

仲介手数料・タダより怖いものは無い

「仲介手数料」は法の下に「上限」と言うのがあって、受け取る以上それなりに受益者責任も業者は持たされていますが「仲介手数料無料」の場合は、売買後に何かしら売主と買主の間で問題が発生しても「手数料無料だったので、自分で有る程度は対処してください」などと「何もしない」(責任回避)業者も多々有ります。

又、「手数料無料だったので、そのアフターフォローの案件は別行動で料金を頂きます」
と、数十万を請求された事が有る・・と言う話を聞いた事も有ります。

お客さん側は、やはり売買に慣れていないので、そういう請求をされても仕方なく 「あぁ、そういうモノなのか・・・」と思ってしまい問題解決をする為には支払ってしまう・・と言う場合も有ります

契約をする前に必ず確認するべき項目

○契約書を初めとした、様々な書類の作成費用
○ローンを斡旋するにあたる高額な、「ローン(斡旋)事務代行手数料」
○司法書士限定などで、通常よりもかなり高い登記費用(リベート搾取)

こういったものが、ある程度、売買の話が進んでから出る場合も有りますので気をつけてください。

一般の方でも購入前の検討段階でこのような費用の詳細がわかれば、冷静に考える事が出来ますが、購入を決断してしまって、売主側に「買います」という返事をした後に、このような費用が発生する・・と言う流れの場合は、多少高い請求でも、一般買主は無知なので「諸費用って手数料以外でもこれぐらいは掛かるのか・・・」と黙って支払う習性が多いです・・・こういうところにつけ込んでいる訳です。

例えば、仲介手数料50万円相当額分などは、このような項目やその他の細かい項目を増やしてしまえば、簡単に穴埋めする事が出来るのです。

結局、知らない事をいい事に、「安く付いた・得をした」と思わせるような手法の会社も多く見受けられます。

例えば、悪質な業者の場合、
「普通の業者だったら仲介手数料50万・その他諸々様々な
事務作成必要経費50万くらいは掛かりますよ」
などと適当に説明して「しかしうちは仲介手数料無料だから事務作成代行費用の50万だけで良いですよ」
などと言われれば、全く業界の事や売買の経費を知らない一般の方が聞いたら「得した!!」と思い込んでしまいますよね・・本当は「仲介手数料のみで50万」と変わらないのに・・

そして「この客、本当に何も知らないな」などと思われたら、契約から引渡しの流れの中で・・「実はお客様の場合、少し特別な事案なので、別途書類が必要で○○万円発生してしまいます」など後出しじゃんけんを吹っかけるような悪質な業者もいますので、本当に注意が必要です

注意
•    【諸費用項目】に関しては、事を行う前に確実に詳細を確認すると共に
•    本当に他に、「これ以外発生する事は無いか?」の念押しが必要です。

「売主」や「貸主」と結託して誤魔化している手数料無料業者

例えば、不動産の売主さんが1000万円で売却したいという物件が有ったとします。それが、まぁ相場前後の金額だった場合、買主側から見て1100万円でもおかしく無いとします。「売主」は「1000万円で売れればいい」・・・と最初から思ってるそこでそういう業者は、「まず1100万円で売りに出しましょう・・そして(買主側は仲介手数料無料!)で広告を出します・・そしてそれに釣られる客をより多く図りましょう」
「そして何とか1050万円を最低限ラインで頑張って売りますから、買主側から手数料が取れない分、その50万程度の上乗せ分を広告費などの名目で、仲介手数料とは別に、売主さん・・頂けませんか?これが一番早く売れる方法だと思います・・・」

↑「仲介手数料無料」などを唄っている業者の中にはこう言うことを行っている業者も実際は沢山います。

買主には一切内容がわからず、売主とその元請け業者しか判らない事で、賃貸でも名目が違うだけで同じ事が行われていることがあります。結局、「売主貸主」から見た場合、金銭的負担は同じ事で有れば、いち早く業務遂行(客を見つけて欲しい)してもらいたい・・・となりますよね。

買主側から見た場合、表面上は「値引きも出来てるし、仲介手数料も無料・・凄い得をした!!」って感覚に
なると思いますが、本当のからくりを知れば、結局は同じ事で、手数料無料でその分の責任から逃げられてるという損をしているだけの話です。

それに最初に話したように、その他の諸費用にも乗っけられていたらダブルパンチで結局、その買主・借主は、ただ損をしただけです。本人は「手数料無料で賢い選択をした自分は偉い!!」って思い込んでますが・・。

お互いが納得すれば幾らでも取れる「仲介手数料」以外の費用

「仲介手数料」という名目は話したように「法規制限」が有りますが上記に示したような別の請求項目には法規上限は有りません。「請求された者が納得して支払えば、どんなに高額でも受け取れます」

結局、色々後でからくりを知ったら、普通に手数料払うよりも高くついた・・・。と後悔しているユーザーも結構居ますし、手数料無料の業者は全国あちこちで揉め事を起こしています。

仲介手数料以外の部分について違法行為・違法請求を追求することは難しい

後から、「結局自分は損をしてたんだ!」と思い、その業者宛に「返還請求」をしようとしても「仲介手数料」以外の項目の請求に関しては、法的な縛りが殆ど有りませんので「違法請求」でその業者を追及する事がほぼ、出来ません。

※ 民間の会社と民間人の間で、法律に縛られた上限のある報酬ではない「仕事を頼んだ・仕事をやった」報酬に関してはもう、際限は無いですよね。お互いが、その時に納得して請求して支払っていたら、そこに後から「違法性」を問うのは難しいのです。

「ちゃんと事前に幾ら掛かるか説明したじゃないですか?それをあなたは納得して支払ったのでしょ?」と言われれば、何も言えませんよね。

不動産業界の歴史の中で、「様々な会社・様々な人間たち」が、この「手数料無料」に挑戦してきました、勿論その中には「大手」と言われる業者もありました。がしかし、結局皆、何かしら行き詰まり上手く行かなくて、今日の状況としてハッキリ言って「その方法は根付いていません」し、業界の主流では有りません。

単純に言って、やはり「不動産仲介業」も経営していく為には結構な「経費」が掛かります。そしてその上で更に利益を取らないと「仕事」として行っていく意味がありません。結局、その一番大事な収入の部分を、他で上手く誤魔化そうとしてもお客さんも全て馬鹿ではありませんから、そうそう「騙されない」のです。

で、そういう「無料割引」を唄って行こうとする会社は「質が悪い」(営業が弱いなど)ので自然と淘汰されていきます。

「仲介手数料無料」で餌をまいて、見えないところで利益を載せる・・そういう表面上の抜け駆けを行っている会社(少数派)と付き合う場合は、それなりに事が起こっても、自己責任が付きまとう事も覚悟の上で行う必要があります。

法規の元での費用であれば、制限も掛かり出るトコに出ても、「法」が味方をしてくれますが、その他の法規に絡まない「依頼業での請求費用」は完全に「個人対法人」の戦いにもつれるケースも少なくは有りません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。